MESSAGE

校長メッセージ

聖ドミニコ学院小学校
校長

土井 智子

聖ドミニコ学院小学校 校長 土井 智子

つながれていくバトン 2021年2月

新型コロナウィルス流行の勢いはとどまらず、人々の生活に暗い影を落としています。そんな中にあっても、子供たちは普段通りの生活をしていて、面白いことがあると顔を寄せ合い楽し気に笑いあいます。それではいけないと、教師は必死になってソーシャルディスタンスの大切さを伝え、離れて遊ぶ方法や、気温の低い日も戸を開けて授業を進めるなどの工夫を重ねています。昨日と変わらない日常が明日も続くとは誰も言えない状況にあって、集団生活を続ける学校はどこも薄氷を踏む思いで一日一日を過ごしています。
それでも、学校生活が対面で続けられるのは幸いなことだと感謝していたところに、残念な悲しいニュースが入りました。本校の英語の指導主事として、直接全学年の英語指導を行っていたK先生の訃報です。12月末に元気なお姿を見ていただけに、突然のことに言葉を失ってしまいました。
K先生とドミニコとの出会いは8年前にさかのぼります。目指す英語教育について話し合っていた時に、「英語は一つのコミュニケーションツールであって、目指すことは相互理解」という意見で一致しました。自分の考えを伝え、相手の考えを聞いて、互いを理解しようとする英語教育は、聖ドミニコ学院小学校の教育理念と合致していました。英語を学ぶ上で、基礎学習は大切です。発音やスペル、文法も言語を学習する上で必要な要素です。それらを根気強く取り組む学習方法を根底に置きながら、同時に最も大切にしたことはコミュニケーションツールとしての英語学習です。たとえば挨拶一つのしても、ワンパターンの答えを繰り返すだけでなく、自分の気持ちを表現することを求めるように工夫されていました。ドミニコで子供たちに英語を教えることを、K先生はとても楽しんでいました。
K先生の死を悼みながら、K先生が伝えたかった英語の話を5,6年生の宗教の時間にしました。子供たちは、K先生に様々な思いを寄せてくれました。

人が亡くなっても人の思いだけは、この世に永遠に受け継がれると思いました。K先生は 英語を学ぶ意味を私たちに教えてくださり、また英語を通して人と人とのコミュニケーションの取り方も教えてくださいました。…私もK先生のように、自分で工夫し、周りにいる人の役に立てることができる人になり、これからを生きていこうと思います。(6年生)

子供たちは、託された思いをどう引き継いでいくのか、それぞれが考え実行しようとしています。不安定な世の中にあっても、希望が常に輝いていることを子供に教えられます。

校長メッセージ バックナンバー

2023年

1月
新年の抱負