合唱団・卒業生を迎える会

未分類

7月11日(日)合唱団による特別演奏会が開催されました。

本来なら3月末に行う卒業演奏会。仙台の感染状況悪化と重なり、2年連続で演奏会は泣く泣く断念・・。

今回の特別卒業演奏会は、そのリベンジでもあります。神様に導かれ、また皆で歌えたこと、幸せに思います。

 

演奏会のテーマは、『ドミニコハーモニーの恩返し ~アイノカタチはこれからもいつまでも~』

これまでの感謝と、これから自分達が歌声を受け継いでいくという決意。

それらを歌声に込め、最高のハーモニーを響かせることを目標としました。

 

当日は、中学生が小学校の制服を着るのも・・ということで、合唱団特製Tシャツを着て集合~!!

久しぶりの音楽室、卒業後も変わらぬ美声はさすがです♪

 


在校生は曲中にサプライズをするため、入念に練習したいところですが・・

時間はあっという間に過ぎていきます。うまくいくか不安も残しながら・・

 

いよいよ開演!卒業生、在校生でつくりあげるドミニコハーモニーが聖堂いっぱいに響き渡ります!

本当はもっと披露したい曲が沢山ありましたが、30分のステージということで、厳選した4曲に精一杯の思いを込めて歌いました。

久しぶりのため色々なハプニングも!?・・でも、そこはご愛敬♪

本番の緊張感、ワクワク感を感じながらの合唱は、最高に楽しかったです!!

 


今年の合唱団の目標は『一心愛唱』

先輩方の思いを受け継ぎ、ドミニコ合唱団にいる一人ひとりが、仲間への愛、歌への愛をもって、心を一つにハーモニーをつくっていこうという意味が込められています。

そして私達のハーモニーが大きな愛となり、聴く人を笑顔にできる、そんな合唱団を目指しています。

 

来年の卒業演奏会は、マスクを外して歌声を届けられたら・・もっと沢山のお客様に来場して頂けたら・・

と願いは沢山です。夢と希望を抱き、これからも一生懸命練習に励んでいきます!!